大都市と地方の看護師の給与の格差|看護師給料本音サイト

<大都市と地方では、給料差はあるの?>

大都市と地方 看護師の給料の大きな格差

看護師は、仕事内容も責任のあるものですし、体力的にも精神的にもきつい仕事です。その分、お給料は一般的に高い水準に設定されています。それでも、仕事内容に見合った額とは言えないのが現状ですよね。せっかく看護師として働くなら、少しでも高いお給料が欲しいというのが本音だと思います。

 

少しでも高いお給料を狙うなら、働く地域を選びましょう。日本国内でも、地域によって看護師のお給料の平均は差があります。東京や大阪などの大都市圏は高めですし、東北や四国などの地方は低めになっています。具体的な数字で言うと、新卒の看護師の平均年収は、東京で370万円、一番低い地域である東北では294万円だそうです。

 

これって、結構大きな差ですよね。あくまでも平均ですが、1年で76万円も差が出るんですよ。いくら大都市と地方では物価の差があるとは言えども、この差は見逃せません。

 

北海道の看護師さんが東京の給料の高さにびっくり

私が東京の某大学病院で働いていた時、北海道の田舎から転職してきた看護師さんがいました。その看護師さんは、「お給料がすっごい上がってビックリした!」と言っていたのが印象的です。私は、最初から東京の病院に就職したので、東京でのお給料が高いと意識したこともなかったのですが、やっぱり地方と比べてみると、東京のお給料の水準はかなり高いようです。

 

その北海道からきた看護師さんは、「最初の給料明細見たときに、ビックリしすぎて、明細の名前と額を確認しちゃったよ。こんなにお給料が違うなら、もう地元に戻って働く気がしないなぁ。」とまで言っていました。基本給だけでなく、夜勤手当などの各種手当も高かったので、仕事の忙しさや夜勤回数は変わらないのに、手取りで5万円以上増えたそうです。忙しさや勤務時間が一緒なのに、それだけ違うなら、ビックリしますよね。

 

都市と地方の看護師の給与格差が医療の格差に?

もちろん、看護師さん全員が高いお給料を求めて大都市で働くことを希望したら、日本の医療は成り立ちません。大都市圏は大学病院や大きな総合病院も多く、地方は個人病院などの小さめの病院が多いので、平均給料に差が出てしまうのも仕方ないと思います。ただ、地域によってこんなにも差が出るなら、地方の医療が過疎化してしまうのも当然なのかもしれません。

 

お給料が良いという理由で、東京などの大都市圏で働くことをおすすめするわけではありませんが、転職を考えている人で、働く地域を自由に選べる環境にあるのなら、地域によってお給料に差があるということを頭の片隅に置いておいても良いと思いますよ。


当サイトのお勧め転職サイトです。

当サイトのオススメは、13万件以上の病院と連携し、非公開求人や、好待遇・高給与案件をたくさん持っている「看護のお仕事」です。転職後も強力サポートで安心です!

「看護のお仕事」の詳細はこちら >>



【看護師給料本音サイト】TOPにもどる >>