飛行機で急病人がでたら?看護師のあなたはどうしますか|看護師給料本音サイト

飛行機内での急病人発生!あなたは手を挙げますか?ハイリスク・ローリターンですけど…

「飛行機で急病人がでたら?」看護師なら想像したことがありますよね?

飛行機内で急病人が出たら、看護師のあなたはどうしますか?

ドラマなどで一度は目にしたことがある光景といえば、「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」という飛行機の中でのドクターコール。

 

飛行機に乗っていて、実際にこのドクターコールに出くわした人は少ないと思います。

 

でも、看護師なら一度は「飛行機に乗っている時に、急病人が出て、ドクターコールがあったらどうしよう?」「私、医師じゃなくて看護師ですけどって言いながら、一応名乗り出るべき?」と考えたことはありますよね。

 

「看護師です」と名乗り出て、的確な処置ができたらカッコいいなとか思ったりして。でも、実際にそのような場面にで遭遇したら、あなたはどうしますか?

 

飛行機での急病対応、あなたは手を挙げられますか?

飛行機に乗っている時に、「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」というアナウンスがあったら、「医師じゃなくて看護師ですけど、何かお役に立てれば」と手を挙げられるでしょうか?

 

私は、ちょっと自信がありません。。。私が手を挙げても、何もできないと思いますし。それに、知り合いのドクターから聞いたことがあるんですが、もし「お医者様はいらっしゃいますか?」というアナウンスで手を挙げて、最善は尽くしたものの処置に失敗した場合、罪に問われる可能性があるんだとか。

 

善意で処置をして、患者さんが運悪く死亡してしまった場合、業務上過失致死の罪に問われるかもしれないんです。

 

善きサマリア人の法」って聞いたことがありますか?

 

善きサマリア人の法とは「急病人を救うために無償で善意の行動をとった場合、その人が最善の方法を尽くしたのなら失敗しても、その結果についての責任は問われない」という法律です。

 

善きサマリア人の法が日本では整備されていません。

Photo: https://en.wikipedia.org/wiki/File:Jan_Wijnants_-_Parable_of_the_Good_Samaritan.jpg

 

これは聖書のお話が由来になっているのですが、アメリカやカナダではこの善きサマリア人の法がきちんと法律化されています。でも、日本では善きサマリア人の法がきちんと法律化されていないんです。

 

ということは、飛行機内で善意で「看護師です」と名乗り出て、頑張ったけど患者さんの処置に失敗したら、法律で守ってもらえるわけではなく、罪に問われる可能性があるし、患者さんやその家族に訴えられたら負ける可能性があるってことですよね。

 

この話をドクターから聞いた時に、私は絶対に手を挙げたくないなぁって思ってしまいました。

 

だって、こちらが良かれと思ってやったことで罪になるなんて考えたら、手は挙げたくないですよね。

 

そもそも、看護師は医師の指示なしに医療行為は行えないので、手を挙げたところで出来ることは限られているのですが。

 

それに、機内にある医療関係の装置って、最低限とも言えないドクターズキットやAEDとか血圧計、パルスオキシメーター程度のようですから、何もできないんですけどね。

 

飛行機での急病対応ってボランティアなのよね…

飛行機で急患が出たら看護師はどうしたらいいのでしょうか。

「善きサマリア人の法」が整備されていないためか、飛行機内でドクターコールがあった場合、名乗り出る医師は4割程度しかいないというアンケート結果があります。

 

善意で申し出て、失敗したら犯罪者になり、訴えられる可能性があるとしたら、しかも機内には医師にとって「最低限」とも言えない設備しかないなら、どんなに志の高い医師でも、やる気のある看護師でも、ドクターコールで手を挙げるのは難しいと思います。

 

しかも、飛行機内での急病人の対応って、無償なんです。急病人を助けたからといって、お給料がもらえるわけではないんです。完全ボランティアなんですよね。

 

航空会社から何らかのお礼があるわけでもないでしょうし。そう思うと、飛行機内での急病人の対応って、医師はもちろん看護師にとって、ただの地雷でしかないわけです。

 

もちろん、看護師をやっている以上、自分ができることなら苦しんでいる人を助けたいと思いますし、そういう場面に遭遇して自分ができることをやって、少しでも回復してくれればお金なんていらないんです。(もちろん、お金がいらないのは緊急事態限定ですけど。普段はお金を貰わないと働きません)

 

「飛行機の中でドクターコールがあっても、申し出るのは無理だな」と思っている看護師さんの中に、「お金を貰えるなら申し出る」という人は、ほぼいないと思います。

 

ただ、あまりにもハイリスク・ローリターンなんですよね。法律も航空会社も守ってくれない、成功してもお金すらもらえないのであれば、やっぱり飛行機内での急病人対応って難しいんだなと思います。


当サイトのお勧め転職サイトです。

当サイトのオススメは、13万件以上の病院と連携し、非公開求人や、好待遇・高給与案件をたくさん持っている「看護のお仕事」です。転職後も強力サポートで安心です!

「看護のお仕事」の詳細はこちら >>



【看護師給料本音サイト】TOPにもどる >>