看護師って常勤とバイト、どっちの働き方がお得?|看護師給料本音サイト

看護師って常勤とバイト、どっちの働き方がお得?

看護師って常勤とバイトではどっちが稼げる?

看護師は常勤で働くのとバイトをするのでは、どっちが稼げるのでしょう?

看護師は常勤で働くのとバイトをするのでは、どっちが稼げるのでしょう?

 

え?常勤じゃないの?」と思いますよね。でも、看護師の求人情報を見てみると、看護師のバイト時給って意外と高いんです。

 

厚生労働省の「平成26年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の短時間労働者(バイトやパート)の平均時給は1,621円となっています。

 

これは、全国平均の時給ですから、東京都などの大都市だと時給2,000円以上のものも結構あるんです

 

訪問入浴や訪問看護、美容外科などは時給2,000円以上のものが多いですね。

 

時給2,000円だったら、常勤かそれ以上に稼げそうな気がしませんか?

 

看護師が高時給でバイトをするといくら稼げる?

看護師が時給2,000円でバイトをすると、いくら稼げるのでしょうか?1日8時間、月20日勤務で計算してみました。

 

時給2,000円×8時間=1万6,000円。これが、1日の給料になりますので、1万6,000円×20日間=32万円となります。

 

時給2,000円で1日8時間、月20日間働けば、月収32万円になるんです!想像以上に稼げると思いませんか?

 

だって、これは日勤のみで夜勤手当なしの給料ですよ?しかも、月20日間の勤務ということは、1ヶ月に10〜11日間の休日があることになります。

 

月20日間の勤務だと年間休日125日になります。しかも、バイトですから、常勤よりも雑務がなくて、気楽に働くことができますし、シフトもある程度自分の都合に合わせられますよね。

 

月収32万円で日勤のみ、年間休日は125日、バイトだから気楽で、シフトの融通が利くと考えると、「あれ?看護師ってもしかして、常勤よりもバイトのほうがお得なんじゃ???」と思えてきませんか?

 

長い眼で見ると、やっぱり常勤

「看護師って、常勤よりもバイトで働いたほうがお得なの?じゃあ、常勤を辞めてバイトにしようかな?」と思う人もいるかもしれません。でも、その決断をするのはまだ早いです

 

やっぱり常勤には、バイトにないメリットがあるんです。常勤のメリットといえば雇用の安定性ですが、まぁこれに関しては職に困らない看護師にとっては、そこまで大きなメリットではないかもしれません。

 

でも、常勤のメリットはこれだけではありません。常勤には金銭的なメリットもちゃんとあるんです。常勤の金銭的なメリットは、ボーナスと退職金です。

 

ボーナスはバイトにはありません。退職金もありませんよね。でも、常勤ならボーナスも退職金ももらえるんです。

 

もし、ボーナスが4ヶ月分支給される職場で、基本給が25万円だとすると、ボーナスは1年で100万円!

 

退職金は職場によって計算方法が違いますが、3年間働けば50〜60万円程度支給され、定年退職まで約40年間働けば1,500万円から2,000万円程度は期待できます

 

短期間で考えれば、バイトのメリットが大きくなりますが、長期的に考えると常勤のほうが圧倒的にメリットが大きくなるんです。

 

ボーナスは基本的に年に2回支給されることを考えると、半年以内でガッチリ稼いで、プライベートも充実させるならバイトで働き、それ以上の期間続けて働くのであれば常勤の求人を選んだほうが良いでしょう。

 

看護師って、ハードで責任の重い仕事の割には給料が少ないという辛い仕事ですが、常勤でもバイトでも働けるという自由さがありますし、職には困らないというメリットがあることが唯一の救いかもしれませんね。


当サイトのお勧め転職サイトです。

当サイトのオススメは、13万件以上の病院と連携し、非公開求人や、好待遇・高給与案件をたくさん持っている「看護のお仕事」です。転職後も強力サポートで安心です!

「看護のお仕事」の詳細はこちら >>



【看護師給料本音サイト】TOPにもどる >>