現役看護師が看護師の給料について本音で考えてみた|看護師給料本音サイト

医師会と看護師の給料

医師会病院は給料が安い?

医師会病院で働いている友人と話していた時、夜勤手当の違いに驚いたことがあります。一般病院で働く私は1回の夜勤で1万2000円、医師会病院で働く友人は1回6500円でした。もちろん、どちらも2交代制の勤務です。約2倍の差があり、月4回の夜勤とすると1ヶ月で2万2000円も差が出ることになります。1ヶ月で2万2000円の差って、かなり大きいですよね。

 

何でこんなに差があるんだろうと思って、いろいろ調べてみました。2交代制の場合、夜勤手当の全国平均は1万745円(2010年)です。私の夜勤手当(1万2000円)は平均よりちょっと高い程度、友人の夜勤手当(6500円)は全国平均を大きく下回っています。高いところでは、1万5000円以上のところもありました。

 

また、全国各地に医師会病院ってあるんですけど、給料が安めのところが多いみたいです。基本給が安かったり、夜勤手当が安かったり・・・。もちろん、全部の医師会病院の給料が安いというわけじゃないと思うんですが。

 

何で夜勤手当がそんなに安いのに、就職に医師会病院を選んだのか聞いてみると、医師会の看護学校だったから、何の疑問もなく医師会病院に就職したとのことでした。

 

医師会の看護学校は安い労働力集め?

医師会の看護学校って、大体が准看護師の資格を取るためのものか准看護師の人が働きながら正看護師の資格を取るためのものなんです。一般的な看護学校のように3年制で正看護師の資格取得のカリキュラムを組んでいるところは非常に少ないのが現状です。

 

つまり、医師会の看護学校は、「働きながら看護職(准看護師・正看護師)の資格を取るための学校」と言えるんです。

 

それは、言い換えると給料を得ながら勉強する環境を与える代わりに、安く雇える労働力を確保するとも言えるのではないでしょうか。また、医師会の看護学校は、看護師の集まりにくい病院への人材確保のために存在するとも言われています。

 

これは、いろいろな意見があるとは思いますが、私は「働きながら看護職の資格を取るための学校」は必要だと思います。看護師になりたいけど、経済的な面で諦めなければいけないという人もいるでしょうから。それに、看護師が集まりにくい病院への人材確保も必要不可欠です。

 

でも、「安く」っていう部分は、大きな問題だと思います。実際に、医師会の看護学校の卒業者が多い医師会病院の看護師の給料は、平均以下のところが多いようですし、それに加えて医師会と言えば「准看護師問題」がありますよね。

 

准看護師問題とは?

准看護師問題とは、准看護師という資格を廃止して、看護職は「看護師」一本に統一しようというものです。

 

もともと准看護師という資格は、戦後の看護師不足の中で、できるだけ早く看護師を養成しようという動きから作られたものですが、現在の社会状況では准看護師は必要ないのではないかと議論されています。

 

准看護師が廃止になった場合、現在働いている准看護師の身分をどうするかなどの問題はありますが、厚生労働省や看護協会は准看護師廃止に賛成の姿勢ですが、医師会が強固に反対しているため、この問題は議論が進まずに先送りになっている状態です。

 

なぜ、医師会が准看護師廃止に反対しているのかというと、准看護師は正看護師に比べて給料が安いためと言われています。一般的に正看護師と准看護師の業務内容はほとんど変わりませんし、クリニックや小規模病院では、看護師はそれほど高いスキルを求められないことも多いんです。ルーチンワークをこなすだけなら、高いスキルを持った正看護師よりも給料が安い准看護師を雇いたいというのが医師会の本音と言われています。

 

これは、厚生労働省の「看護の基礎教育は4年制が望ましい」という提言と間逆の考え方ですよね。

 

医師会が看護師の給料を安くしている?

看護師の給料は、仕事内容に見合っていないと言われています。給料と仕事内容のアンバランスさが、看護師不足に拍車をかけているのかもしれません。

 

看護師の給料を上げることが、看護師不足の解決策のひとつですが、今まで述べたような医師会病院の給料や看護学校、准看護師問題への姿勢などを見ると、看護師の給料が上がらないのは医師会にも責任があるのではないかと思えてきます。

 

看護師を雇用する側としては、安く雇用したいと考えるのは仕方のないことだと思いますが、「安い労働力を集めるための看護学校」、「その卒業者が多く就職する医師会病院の給与は平均以下」、「安く雇用できる准看護師が必要だから准看護師廃止に反対」という現状は、看護師にとって全く好ましいものではありませんよね。むしろ、「医師が上、看護師は下」と見下されているような印象さえ持ちます。

 

看護師の給料や待遇を改善するためには、医師会の協力が必要不可欠ですが、このような現状ではなかなか難しいのかもしれません。もちろん、現在の看護師の給料や待遇が悪いのは、すべて医師会の責任ではないということはわかっています。でも、なんかこういう現状があるのは、看護師として悔しいと思いませんか?


当サイトのお勧め転職サイトです。

当サイトのオススメは、13万件以上の病院と連携し、非公開求人や、好待遇・高給与案件をたくさん持っている「看護のお仕事」です。転職後も強力サポートで安心です!

「看護のお仕事」の詳細はこちら >>



【看護師給料本音サイト】TOPにもどる >>